今さら聞けないヘム鉄・サプリメントについての情報を説明しているHPです。当HPを読んでヘム鉄・サプリメントのことに詳しくなってみませんか。

ヘム鉄 サプリメント

HOME

ヘム鉄サプリメント

ヘム鉄 サプリメント

近年、ヘム鉄のサプリメントが注目を集めているようです。
鉄分と言うと貧血予防のほか生理の影響で鉄分不足になりやすい女性にとって、必要不可欠な成分のひとつといえます。
サプリメントではなく食事から鉄分を摂る場合には、魚や肉など動物性の食品に含まれるヘム鉄があります。
一方、野菜や海草には非ヘム鉄が含まれています。
日本人が摂取する鉄分は、多くが非ヘム鉄だとされています。
ヘム鉄と非ヘム鉄のうち、鉄の吸収率が高いと言われているのがヘム鉄になります。
普段の食事で肉や魚を意識して摂取し、サプリメントを使わずにヘム鉄を確保することができれば、その方がいいのではないかという人もいます。
しかし、食品だけでヘム鉄を体内に取り入れるのは困難な部分もあります。
ヘム鉄を毎日摂取しようとすると、レバー、あさり、かつおなどが必要です。
コンスタントに毎日食べるのは、手間がかかったりコレステロールも多く、あまりおすすめできる方法ではありません。
ヘム鉄の為にコレステロールを摂取しすぎて健康を害しては、本末転倒です。
日本人の日頃の食事で、体内に取り入れられている鉄分は、なかなか吸収されない非ヘム鉄が中心になっています。
ヘム鉄を摂取する為には、わざわざヘム鉄が多く含まれる食品を利用して調理するとなると、手間が掛かる事ことになると容易に予想されます。
ヘム鉄の摂取をサプリメントで行うことによって、手軽に、確実性の高い栄養確保ができるでしょう。

ヘム鉄のサプリメントを選ぶ方法

ヘム鉄 サプリメント

ヘム鉄のサプリメントを利用する人は多く、たくさんの会社がヘム鉄サプリメントを製造しています。
数ある商品の中から、ヘム鉄のサプリメントを選ぶ方法について調べてみました。
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があるのですが、体に良いのはヘム鉄の方です。
体に良いとされるヘム鉄は、非ヘム鉄に比べて値段が高くなるのが普通です。
コストの低い鉄分のサプリメントをつくるために、ヘム鉄よりも多めの非ヘム鉄を用いたサプリメントを売っているところもあるといいます。
少ないといってもヘム鉄を使用しているので、サプリメント商品の説明として吸収率の高いヘム鉄使用としても虚偽にはなりません。
気をつけたいこととして、このサプリメントには非ヘム鉄が入っていることがあります。
吸収効率の違いだけでなく、非ヘム鉄には副作用のリスクがあることが指摘されています。
非ヘム鉄というのは、食物繊維やタンニンなどによって吸収を妨げられたりします。
体内で鉄イオンに変化する時にフリーラジカルを作りやすくなり、胃腸などを壊す危険性が高くなります。
人によっては、非ヘム鉄を摂取したために体内でトラブルが起きることがありますので、気をつけましょう。
サプリメントの中にはヘム鉄使用とありながら、非ヘム鉄も含まれていて、知らない間に非ヘム鉄を摂取している時があります。
サプリメントでの鉄分補給を行う時には、用いられているのはヘム鉄と非ヘム鉄のどちらなのかを確認しましょう。

ヘム鉄サプリメントの副作用

ヘム鉄のサプリメントで副作用が起きたりするのでしょうか。
貧血になりやすい女性にとって必要な成分ですが他のサプリメントと同じように、摂取し過ぎると副作用が起きる可能性が高くなりますので注意が必要です。
ヘム鉄のサプリメントの場合は、一般的に過剰摂取すると鉄中毒になったり、胃腸障害、肝機能障害や糖尿病などの副作用が起きやすくなるようです。
サプリメントでヘム鉄を補給する時は、鉄の1日の最大量40mg〜45mgをオーバーすることのないようにする必要があるでしょう。
鉄分の上限摂取量を超えて、長期間に渡って摂取し続けると、吐き気や嘔吐、便秘や下痢などの症状が現れることがあります。
だんだんと目が見えにくくなり、眼球鉄症になることもありますので、過剰摂取には要注意です。
健康被害に合わないようにするには、ヘム鉄サプリメントの容器に書かれている正しい使い方を守って飲むようにすることがポイントになるでしょう。
サプリメントの利用によって、どの位のヘム鉄を摂取する事になるのか、把握できるようにする事が大切です。
どの程度の量を摂取すれば、過剰摂取になってしまうのか、きちんと把握しておくようにしましょう。
ヘム鉄のサプリメントは、妊娠している女性などが、鉄分欠乏にならないように使うことがあります。
特に貧血などでは無い人が妊娠中に鉄分を取りすぎると、赤ちゃんが小さく生まれたり、高血圧になりやすいという研究結果もあります。
妊娠している時にヘム鉄のサプリメントを使うならば、担当の医師に助言を受けてからがいいでしょう。

サイトメニュー