藤沢市 借金返済 法律事務所

藤沢市に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするならここ!

多重債務の悩み

藤沢市で多重債務や借金などの悩み相談をする場合、どこがいいのか決めかねていたりしませんか?
どうせ相談するのであれば、優秀な司法書士・弁護士がいる法務事務所・法律事務所を選びたいですよね。
当サイトでは、インターネットで無料相談できる、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
藤沢市にお住まいの人にも対応していますし、相談は無料なので安心です。
いきなり直接相談するのはちょっと気後れする、と思っている方にもお勧めです。
債務・借金返済の問題で困っているなら、まずは弁護士や司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

藤沢市に住んでいる人が債務整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

藤沢市の債務・借金返済問題の相談なら、コチラがおすすめです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いでもOK。
相談料ももちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能です。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金、など、借金や債務に関して相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や債務の悩みを相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から精算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないので、安く解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

藤沢市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金解決のための診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し不安。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、藤沢市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の藤沢市近くの司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも藤沢市には弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●杉本千里司法書士事務所
神奈川県藤沢市大鋸1丁目9-13 コート・リヴィエラ2 1F
0466-22-1338

●エル・ファーム湘南司法書士事務所
神奈川県藤沢市 大鋸1丁目2-18 5階A
0466-28-0202
http://l-firm-shonan.net

●司法書士松崎事務所
神奈川県藤沢市辻堂2丁目6-1
0466-36-3639
http://matsuzakijimusyo.com

●辻堂新町司法書士事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1-4-1
0466-52-4890
http://tsujidou-shinmachi.jp

●湘南台司法書士事務所
神奈川県藤沢市 湘南台一丁目6番地の6 ニュー椿ビル1F
0466-47-2602
http://souzoku-touki.net

●司法書士たきた事務所
神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目13-17 CORALSEAS 2F
0466-47-6512
http://takita-z.jp

●三好千江子司法書士事務所
神奈川県藤沢市南藤沢7-9 ロイヤルハイツ藤沢 2F
0466-25-1343

●司法書士法人市川事務所
神奈川県藤沢市南藤沢4-16 マサキビル 4F
0120-520-625
http://ichi-jimu.com

●司法書士シーガル法務事務所
神奈川県藤沢市辻堂1丁目3-13 江戸惣ビル6階
0466-97-1196
http://shonanhouki.com

●司法書士ささい事務所
神奈川県藤沢市湘南台2丁目7-9 ナリタビル502号室
0466-21-9989
http://sasai.on.omisenomikata.jp

藤沢市にある地元の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金に藤沢市で参っている状態

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払いなどは、非常に高額な利子がつきます。
15%〜20%も金利を払うことになります。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年)ぐらい、マイカーローンでも年間1.2%〜5%くらいですから、その差は火を見るより明らかです。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定する消費者金融の場合、金利0.29などの高い金利をとっている場合もあるのです。
非常に高い金利を払いながらも、借金は増える一方。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ないですが、高利な金利で額も多いという状態では、返済するのは大変なものでしょう。
どのようにして返済すべきか、もうなんにも思いつかないのなら、法務事務所や法律事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士・弁護士ならば、借金を返す解決策をきっと見つけてくれるはずです。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を請求して返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

藤沢市/債務整理を依頼するのは弁護士がいいの?|借金返済

債務整理とは、借金の支払いが不可能になったときに借金をまとめて悩みから逃げられる法律的な手段なのです。債務整理には、任意整理・自己破産・民事再生・過払い金の四つの手法があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債権者・債務者が直接話合いを行い、利子や月々の返済を圧縮する方法です。これは、利息制限法と出資法の2種類の法律の上限利息が違っている事から、大幅に減額できるのです。交渉は、個人でも行えますが、普通は弁護士さんにお願いします。経験豊富な弁護士ならば頼んだ段階でトラブルは解消すると言っても言過ぎではありません。
民事再生は、今の状況を裁判所に認知してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に縮減してもらう決め事です。この時も弁護士さんに頼んだら申したて迄行うことが出来るから、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、任意整理また民事再生でも払えない多くの借金がある場合に、地方裁判所に申し立てて借金を無しとしてもらうルールです。このような際も弁護士の方に相談すれば、手続も快調に進むので間違いがありません。
過払金は、本来であれば返金する必要がないのに金融業者に払い過ぎたお金の事で、司法書士また弁護士に頼むのが一般的です。
このように、債務整理は自分に適した手法を選択すれば、借金のことばかり気にしていた日々を脱して、再スタートをきることができます。弁護士事務所によって、債務整理または借金について無料相談を受付けてる所もありますから、まず、問い合わせをしてみてはどうでしょうか。

藤沢市|自己破産のリスクとはどんなものか/借金返済

はっきり言えば世の中で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車や土地やマイホームなど高価値の物は処分されますが、生きていくうえで必ずいる物は処分されないのです。
また20万円以下の蓄えも持っていて問題ないです。それと当面の間の数ケ月分の生活費が100万円未満なら取り上げられる事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されますがこれも極特定の人しか見ないです。
またいわゆるブラック・リストに記載されて七年間くらいの間キャッシングやローンが使用不可能な現状になるのですが、これは致し方ないことです。
あと決められた職種に就けないということが有ります。しかしこれも極少数の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返金することの不可能な借金を抱えているのなら自己破産を実施すると言うのも1つの方法なのです。自己破産を実施すれば今日までの借金が全部なくなり、新しく人生を始めるという事でよい点の方が大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士・公認会計士・税理士・弁護士等の資格はなくなるのです。私法上の資格制限として遺言執行者・後見人・保証人にもなれないです。また会社の取締役等にもなれないのです。しかしこれらのリスクはさほど関係が無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものじゃないはずです。